読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴れた日の庭

ゆるやかに好きなことを綴っていきます。

RAG FAIRの好きな曲について語る。

RAG FAIR

DVDとアルバム未収録曲について語ったので、ひとまずここで、単純に好きな曲について語ってみようと思います

 

ただし、リーダーのフルリード曲を除きます。だってどれも好きだから。1つ別記事書けそう。

そういう曲は、RAG FAIRさんとして、というよりも、リードが好きだから好き、という部分もあります。

そして、他の枠組み(ソロ活動など)で歌っている曲も除きます。

初期の曲を聴いた後、諸事情で10年以上離れていたので、どうしても初期に偏っています。また、あまり聴き込めないタイプなので、コーラスよりリード中心のコメントになりますが、もちろんコーラスあってのRAGさんだと思ってます。

アフィリエイトはしていませんので、リンクはわかりやすいように貼っているだけです。購入されたら、、一ファンとしてとても喜びます。

 

 ① HANA(シングル、CIRCLE、RAGッ STORY)

HANA

HANA

・歌詞と曲の優しさ、温かさがぐっと来ます。もう全部好きなんですが、1番の「何処から来たかと人はよく聞くけど〜」の下りとか、聴くたびにキュンとします。

・リーダーの字ハモに聞き惚れます。特に2番の「あなたの笑顔で明日が色付いてく」でリードの上に行く部分。

・間奏でみっちり歌っていて、カホンとかで遊んでくれるのも良いです。

・ライブでの手拍子してる時の一体感!手拍子は、これと全員がヒーローが特に楽しいです。

 

② Sheサイドストーリー(シングル、AIR、RAGッ STORY)

Sheサイド ストーリー

Sheサイド ストーリー

・私がRAG FAIRさんを知ったのは、音楽番組に出てあさってはSundayを歌っているのを聴いた時でしたが(入り口でギター入りの曲を聴いているので、楽器が入ることに抵抗はなかったです。余談)、好きになったのは遡ってこの曲を聴いた時でした。

・リーダー初作詞曲、そして切ない系第一弾。曰く、「涙ごと抱きしめたことないのに、書きましたからね」(昨年のimpressにて)。

・2番冒頭の「はしゃいだ日々に あの花火に たまに見せたためいきに〜」の部分でぐっと来ます。

・リーダー→礼央さん→加藤さんと、リード回しの音域がだんだん上がって盛り上がるパターン。

 

③ ラブラブなカップル フリフリでチュー(シングル、AIR、RAGッ STORY) 

・デビューシングル。いつ歌ってくれても、安定・安心な曲。色々なアレンジがあっても、同じ雰囲気が保たれているのは、ボイパを同じように歌ってくれているからな気がする。

・ライブでサビの部分で手を振るのが好き。

・そして後奏で、リーダーが「ちゅるっちゅ〜」と歌っている部分がとても好き。曲中で一番好きかもしれない。

 

④ at the circle(CIRCLE、RAGッ STORY))

at the circle

at the circle

礼央さん→加藤さん→リーダーとリードを回している、珍しいパターンの曲。そしてシングルに収録されずに唯一、ベスト盤に収録された既存曲。作詞作曲もリーダーとおっくんという珍しい組み合わせ。

・恋愛でも応援でもなく、みんな生きようという歌。応援ソングというと、全員がヒーローがまず挙げられるけれど、心底落ち込んだときに励まされるのは、こちらの曲です。

・加藤さんが歌う部分の歌詞のスケールの大きさと、サビの「人の痛みがわかる人は〜」にぐっと来ます。

 

⑤ Start(I RAG YOU)

Start

Start

・各自が歌う部分は各自で作詞した…というのは、マジカル恋のパワーのエピソードだったかも。あやふや。

・この録音も良いのですが、DVDのThat's RAG FAIR!!のメドレーでフルに歌っているのが素敵なのです。リーダーが「Ah ふたりで〜」をみんなで〜に歌い替えていることも含めて。

・リード回しが不規則なので、色々な歌い方を聴けるのがまた良いです。

・全員がヒーローが「頑張れ」、at the circleが「生きよう」という歌ならば、こちらは歌詞にも出てくるとおり「一緒に歩もう」という歌。聴くとホッとする応援歌。

 

なんだかすごく長くなりそうなので、以下はワンポイント紹介。

 

⑥ 青空(I RAG YOU)

青空

青空

・加藤さんとリーダーのみでリードを回している甘い曲。美声に酔いたいときにぴったり。

 

⑦ 降りそうな幾億の星の夜(シングル、オクリモノ)

降りそうな幾億の星の夜

降りそうな幾億の星の夜

礼央さんのリード+リーダーの字ハモという王道の組み合わせ。

・オクリモノツアーでは演出が素敵なのと、少し音下げて歌っているので、シングルとは違うイメージ。

 

⑧ 半熟ラプソディ(シングルB面、RAGッ STORY)

半熟ラプソディ

半熟ラプソディ

・歌い方が他の曲にはない感じ。「ご利用は計画的に〜」など歌詞や、その後ろのコーラスも楽しい。

・VTRag-2収録の、リーダー監督、メンバーのみ出演のPVも見ると楽しい。最後の、リーダーの表情が満足げ。

 

⑨ フラっとしちゃってゴメンなさい(Magical Music Tour)

・ライブで、踊りと一緒に観たい曲。そして、野外ライブでは絶対歌ってくれなそうな曲。笑

・リーダーの昭和感満載な曲が珍しく一般発売の円盤に収録されている例。そういう曲は、FC限定とかが多い印象です。

 

まだまだあるのですが、キリがなさそうなので、ひとまずこれで。