晴れた日の庭

ゆるやかに好きなことを綴っていきます。

RAG FAIRの曲について語る。その3

こちらは、RAG FAIRさんの曲の中でも、リーダーがずっとリードを歌ってるものについて書きます。

順番は、発売順です。だって、順番つけられない!

すごく好きな曲から好きな曲までグラデーションはあるのですが、明確に順位づけができないので。

こちらも、iTunesを貼りますが、アフィリエイトのためではなく、純粋に、わかりやすい&買ってもらえたらファンとして嬉しい、からです。

 

1. White Memories(X'mas Party)作詞作曲:リーダー

X’mas Party

X’mas Party

 

冬になると聴きたくなります。12月は、白い天使が降りてくるも聴くけど、これが一番。

特に、サビの「ずっと ずっと〜」と歌い上げる部分が、らしさに溢れていて好きです。

 

2. Blue Moon(空がきれいB面)作詞:リーダー、作曲:幾見雅博さん

Blue Moon

Blue Moon

歌い方がとにかく若い!今ではしないし、他の曲ではしていない歌い方だなと思います。

そのせいか、聞いていると何だか気恥ずかしくなってしまったりします笑。

 

3. だから忘れない(AIR)作詞:リーダー、作曲:原一博

だから忘れない

だから忘れない

最初にハマった、リーダーお一人によるリードの曲。

ギターが入ったイントロのレトロ感がたまりません。メロディも切ない昭和系。

全体が好きですが、2番の「想いが咲いて〜」の部分、いつ聴いてもキュンとします。

 

4. regret(AIR)作詞作曲:リーダー

regret

regret

こちらも切ない系。「部屋にちらばる〜」の歌い方で心が鷲掴み。

AIRのリーダーによる曲は、なぜこうもレトロなのか。

 

5. のほほん(PON)作詞作曲:リーダー

のほほん

のほほん

素直な歌詞で、心が疲れた時に聴くと癒されます。

CD版の声の加工の仕方が独特な気がします。なので、ライブで聴く方が好きだったり。

 

6. 手紙の力(PON)作詞:礼央さん、作曲:藤本和則さん

手紙の力

手紙の力

最初、礼央さんが書いたと知って驚いた曲。礼央さんが歌う雰囲気ではない。

リーダーにぴったりだけど、リーダーが書かない感じでもあります。

「ごめんね〜」や「文字になって〜」の部分の歌い方が好きです。

歌い上げてるのが好きなんだなと思います。

 

7. Drive me blue(CIRCLE)作詞:リーダー、作曲:深沼元昭

Drive me blue

Drive me blue

歌い方は、Blue Moonに通じるところがあるのかなと感じます。

「声が聴きたくて〜」の歌い上げる部分や、ライブDVDでSheサイドストーリーを混ぜて歌ってるのが好きです。

 

8. Do it!(降りそうな幾億の星の夜B面、オクリモノ)作詞:リーダー、作曲:野井洋児

Do it!

Do it!

 

Do it !

Do it !

聴いていると、ライブDVDで白系カジュアルな衣装を着たリーダーが歌ってる姿をどうしても思い出してしまいます。良い意味で。

2番の「なかなか会えない友人も〜」のブロックが好きです。結構全体的に熱い歌なので、最初はリーダー作詞を意外に思いました。こんな詩も書かれるんだなぁと。

 

9. 夏の大三角(オクリモノ)作詞作曲:リーダー

夏の大三角

夏の大三角

ピアノだけと歌ってるのが印象深い曲。

「今 時を超えて〜」の部分、リーダーの声ではなかなか聴かせてもらえない、高音域を歌ってます。

 

10. ココロ予報(夏風便りカップリング、カラーズ)作詞作曲:リーダー

ココロ予報

ココロ予報

 

ココロ予報

ココロ予報

歌い方が甘くて、「空が僕と〜」の歌い方が好きで、ライブDVDでバンドの方が叩くタンバリンや、歌ってる時のリラックスした様子や、後奏のふ〜と歌ってる部分も好きで。

と、この曲は相当好きなんだなと自分で思いました。

 

11. LIVEラリー(赤い糸ダブルA面、カラーズ)作詞作曲:リーダー

LIVE ラリー

LIVE ラリー

LIVEラリー

LIVEラリー

歌いっぱなしの曲。ライブで聴いてみたい。。

CDよりライブでの歌い方が特に好きな曲。ライブに映えるんでしょうね。

仕事に疲れてる時に、「ツライ体〜」の歌い出しを聴くと泣けます。わかってくれてる…!と思ってしまって。

「いつかは届くかな〜」と歌う部分が、じんときます。

 

12. Beer Friends(カラーズ)作詞作曲:リーダー

Beer Friends

Beer Friends

なんだか脱力できる曲。リーダーが楽しそうに作詞作曲してるお姿が目に浮かびます。

「朝がくればまた〜」のところに実感がこもっていて、歌い方も合わせてキュンとします。

 

13. People(カラーズ)作詞作曲:市川喜康さん 

People

People

CD聴いていると、お説教されているような気になってしまい、あまり聴いていなかったのですが。

先日、加藤さんのバースデーライブで聴いて好きになりました。

受け止める私も、歌い方も、変わった気がします。

 

14. 記念日だらけのカレンダー(Magical Music Train)作詞作曲:リーダー

記念日だらけのカレンダー

記念日だらけのカレンダー

リーダーのソロ用の曲をアレンジ。ソロ用はポップで元気な曲だけど、こちらはしっとり。

アレンジで全く変わってしまう、ってこういうことか、と。

 

15. ボカロ(ヒッヒッフー・サウンドトラック)作詞作曲:リーダー

オムニ7 - セブンネットショッピング|RAG FAIR/「ヒッヒッフー」サウンドトラック&「ヒッヒッフー&LIVE」パンフレットセット 通販

RAG FAIRの中での歌い方も、歌詞の雰囲気もガラッと変わった一曲。

後ろのわちゃわちゃ感が楽しい。

 

リーダーのリード曲はどれも好き、だけど、この記事を書いてみて、だいぶ曲によって温度差があることがわかりました。

それだけでも、書いた甲斐があったような。