読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴れた日の庭

ゆるやかに好きなことを綴っていきます。

華原朋美さん・北翔海莉さんのコンサートの感想を朋ちゃんファンの目線からつらつらと。

音楽

華原朋美さん(以下、朋ちゃん)のライブに、初めて行きました。

小学生の時から好きだったのに、初めて聞いたCDは朋ちゃんI BELIEVEだった(母が買ってた)のに、今日になって初めて。

自分がライブに行けるようになった頃には、朋ちゃんは一旦歌わなくなっていて、また歌い始めた頃には、私がライブに行けない状態でした。

でも、去年あたりからライブに行けるようになって、今年になってふと、「朋ちゃんのライブ行ってないじゃん!」と思い、行った次第です。

ベストアルバムは予習したけど、ライブDVDは見ないままで。

 

朋ちゃんのどこが好きかって、とにかく、歌から感じる幸せオーラです。

色々あったけど、でも、歌声は昔より良くなって、透明な高音の声からポジティブな感情がダイレクトに心に伝わってくる。

そういうとき、思い出すのは、I'm proudで小室さんと幸せそうに歌っている姿です。

 

行ったのは、こちらです。

hokushokairi.com

 

東京国際フォーラムのホールCにて。

元宝塚男役トップの北翔海莉さんがナビゲーターを務める、The Vocalist 6Days Premium Concet Presented by THE MUSIC TRAVEL。

この記事では、朋ちゃんファンの目線で、朋ちゃんを中心に語ります。

 

 

まず、概ねの感想はこちらです。

 

後者のツイートには、宝塚ファンの方から多くの反応をいただきました。

が、申し訳ないことに、私は北翔さん(以下、敬意を込めてみっちゃんと呼びます)がどんな方かを何も知らないままにチケットを買い、会場に向かったのでした。

すごい方なんだと気付いたのはなんと、会場の物販でたくさんグッズがあるのを見た時でした。本当にごめんなさい。

 

コンサートの概要は、前半が朋ちゃんのライブ、後半がみっちゃんのショーで、アンコールは2人のトーク+歌でした。

何よりびっくりしたのは、階段状のセット、生バンド、大勢のダンサーさんと派手な照明でした。

朋ちゃんのライブは知らないけど、、さすがにここまではやれないだろうというくらい。

宝塚の方だから、作れてしまうのだろうなぁと思いました。

朋ちゃんがダンサーを従えて(笑)歌っているのは、なかなか見れない光景ではないかと。

照明も何方向から当てていて、豪華なステージでした。

朋ちゃんは、淡い緑色の五分袖で模様入りのふんわりとした膝丈ワンピースにキラキラのパンプス。

朋ちゃんって、いつまで経っても(そして年上だけど)朋ちゃんって感じで、可愛いなぁと思いながら見つめてました。

 

そして、予習していた時に、やっぱり色々あったけど、小室さんは朋ちゃんの良さをうまく引き出している曲ばかり書いていて好きだなと思ったところ、小室さん期の曲が多かったのがとても嬉しかったのでした。

 

最初の曲は、I BELIEVE

朋ちゃんの声を初めて生で聴いて、いきなり、涙腺崩壊。

かなり格好いい感じでアップテンポにアレンジされてました。

 

そしてMCへ。盛り上げるという感じより、ふんわりしたMCで、、好きです。

「今日はすっごく楽しみにしてきました!最近馬ばっかり乗ってるから笑」

と語ってたのが印象に残ってます。

 

一転して、バラードへ。

 

LOVE IS ALL MUSIC

「ほっとした〜」という歌い出しの部分の歌い方が、たまらなく朋ちゃんっぽく可愛くて。

サビが好きな曲が多いんですが、この曲は、ダントツで最初の部分です。

その声が、ホール中に響き渡ってました。

 

君がそばで

今回、オリジナル曲では唯一、小室さん以外の曲でしょうか。

この曲は、心が痛まずに聞くことができて好きです。

声がすごく伸びやかでした。

 

MC

「あの頃も良かったけど、その後もこんなジェットコースターで笑」

と語れてしまう朋ちゃん

「皆様がこうやってそばにいてくれるから、元気でいられるっていう気持ちが入ってる曲です」と、君がそばでのことを話してました。

 

DEPARTURES

再び涙がボロボロ出てきてしまいました。だって、globeの曲、歌ってるんだもの。

でもまるで、朋ちゃんのために書かれたかのように聴こえてしまうんです。

「長い道が始まる〜」の上がり方とか、朋ちゃんの声にぴったりで。

 

どこかで、お仕事の依頼はたくさんきてるけど、馬術に専念するようにしている、という話もしてました。

 

save your dream

朋ちゃんのアップテンポな曲というとまずこれが浮かびます。

コーラスの部分をお客さんで歌うのを繰り返したら、また泣き出してしまい。。you can find itとかeverydayですね。

 

I'm proud

これを聴きに行ったと言っても過言ではないほど。本当に好きな曲。

アレンジが原曲に近い感じだったのも聴いていて嬉しくなってしまい。

とにかく泣いていた記憶しかないです。

 

これで、前半の朋ちゃんライブは終了。

 

後半のみっちゃんショーは、わからないからあまりかけないのですが。

宝塚を見たことがない私には、男役ってかっこいい!という印象が一番強かったのでした。

キンキラキンのジャケットとか着こなしちゃうし!ダンサーさん大勢従えちゃうし!

朋ちゃんのライブはとにかく歌を聴くのに対して、全身、頭から足先までと歌と踊りと、自分全体で魅せるのがみっちゃんのショーという感じでした。

階段状のセットで踊ってる時も、とにかく堂々としていて。「女性らしさを忘れた!」と本人がおっしゃるのも納得です。格好良かった。

 

アンコールでは、まず二人が出てきてしばらく喋ってました。

朋ちゃんが、「衣装ってどこにしまってるの?どうやって作ってるの?」と天真爛漫な質問をして、みっちゃんが答えていたり。

そして、ひたすらみっちゃんが朋ちゃんにラブコールを送り続けてい他のがとにかく印象的でした。

開演時に、「ファンの気持ちは抑えてとスタッフさんに言われたので笑!」と言っていた通りでした。

みっちゃんは、男性目線で朋ちゃんが可愛いと語り続けていたのですが、気持ちはわかります。

 

逆にみっちゃんが、「馬の感情ってどうやって見分けるの?」と聞いて、朋ちゃんが「わがままをなだめるのは、人参あげたりとか?食べ物は釣りやすい」とか話していた時に、みっちゃんをつるにはという話になって、

みっちゃん「愛!朋ちゃんの愛が欲しいです!」

朋ちゃん「好きになっちゃうぞ!」

というのが、とにかくキュートなやり取りでした。

 

そして、アンコールの曲は2人で朋ちゃんの持ち歌を2曲。

Get Wild

TM Networkの曲。朋ちゃんも言っていましたが、みっちゃんにすごく似合ってました。格好良くて。作ってる人もすごい喜んでいると思う、と。

 

朋ちゃんの、「また会えますかね」に対するみっちゃんの返しが、「愛告白みたい!」という。

朋ちゃんがみんなが好きになる気持ちがわかる!と連呼してました。

ここまで朋ちゃんへのラブコールが繰り返される機会はあまりないのでは。笑

朋ちゃんのリハの時に一人で三階席に座って、「朋ちゃんのコンサート独り占め」気分を味わっていたそうで。これだけラブコール送られると、朋ちゃんファンとしても嬉しくなってしまいます。

 

最後は、みっちゃんからのリクエストで、二人で見上げてごらん夜の星を。

見上げてごらん〜などの部分で、みっちゃんがハモりに入っているのがすごく素敵でした。

Get Wildはみっちゃんがかなり前面に出ていたのと対照的に、こちらは朋ちゃんが打ち出されていました。

 

これで終演。

朋ちゃんに対して、みっちゃんが「朋ちゃ〜ん!」と、男性ファンのように歓声を浴びせていた場面もありました。

 

ペンライト、朋ちゃんファンはピンクのものを持ってきていて、みっちゃんファンの方は会場でも売っていたグッズの白いのを持っていました。が、前方に座っていた方は、両方持ってる!?みたいな方達もいた気がします。

 

最後に。

国際フォーラムで行われたので、つい、RAG FAIRさんのCIRCLEツアーのDVDに収録されている、「国際フォーラムAの歌」がぐるぐる流れてしまいました。。笑

今回のライブはCだったけど。